京都競馬場 芝1800m

2020年4月28日

(1)京都競馬場のコース特徴・傾向

【コース図】

【特徴】
スタート地点は2コーナーのポケット奥。3コーナーまでの距離が長いのでゆったりした流れになりやすいが、3コーナーを回ってからは徐々にペースが上り直線での瞬発力勝負になりやすい。先行、差し馬が有利な舞台だが、力のある馬は逃げ切りも多い。いずれにしても直線入口でポジションを前につけていないと厳しい条件。

【傾向】※直近10年のデータ使用

①人気別別成績

②脚質別成績

③枠順別成績

④種牡馬別成績(良馬場:TOP10)

⑤種牡馬別成績(稍重以下:TOP10)

⑥騎手別成績(TOP15)※引退含む

【狙い目】
人気薄の台頭が少ない条件で、1番人気が安定して結果を残している。枠番による有利不利はないが中枠から内枠の成績がいい。脚質については、直線を向いてからは瞬発力勝負になるので先行、差しが有利だが力がある馬が押し切るパターンもある。種牡馬に関しては、瞬発力があるディープインパクト産駒が抜けている。

枠番:内~中枠
脚質:逃げ、先行、差し

Posted by KEIBANK_admin