スワンS

2020年4月28日

【レース概要】

京都競馬場:芝1400m
3歳以上・オープン・GII

1958年に創設。創設してから条件や開催時期が何度か変更されたが、1984年からは現在の条件として定着。優勝馬にはマイルCSの優先出走権が与えられ、マイルCSの前哨戦として注目の一戦。


■参考:京都競馬場 芝1400m外の傾向

【過去のデータ分析】
※過去31年分

1.人気別成績

[分析]
上位人気の信頼度が低く、1番人気ですら複勝率で50%を割る。5、8人気が活躍するど波乱含みの一戦で大勝負は避けた方がよいといえる。

2.馬番別成績

[分析]
特に有利不利は目立っていないが11番、12番が優秀。

3.脚質別成績

[分析]
外回りではあるが基本は逃げ馬が有利な条件で後ろにいる馬ほど厳しくなってくる。能力高い逃げ馬なら信頼度は上がる。

4.前走着順別成績

[分析]
前走5着の馬が案外だが前走で馬券になった馬がそのまま活躍する一方、前走で掲示板外に敗れた馬の巻き返しもあり前走の成績はそれほど気にしなくてもよい。

5.前走競馬場別成績

[分析]
レベルの高いレースだけに基本は中央4場が目立つものの、函館や札幌組のデータはサンプルが少ないながらも目を惹くものがあるので出走時は注目したい。

6.馬体重別成績


[分析]
馬券の中心は460~519kgとなっているが、重たい馬でも活躍できる舞台で520~539kgの成績は優秀。瞬発力ある筋肉質な馬を狙いたい。

7.年齢別成績

[分析]
4歳馬が圧倒的な成績を残しているが、勝ち馬に関しては3歳馬も引けを取っていない。全体的に見ると4、5歳馬が意地を見せている。高齢馬には厳しく段階的に割り引く必要がある。

8.前走レース別成績(TOP10)

[分析]
秋のハイレベルな重賞やOPを使ってきた馬が中心。サンプル数は少ないものの函館SSからの参戦は要注意。

9.種牡馬別成績(TOP10)

[分析]
ディープインパクト産駒が圧倒的な勝率、複勝率を誇っており該当馬がいる場合は人気の程度に関わらず抑えたいところ。

10.結論
マイルCSの前哨の位置づけだがここを本番として仕上げてくる馬も多数おり、人気上位馬が足元をすくわれるレースも少なくない。波乱傾向が強く、大勝負には向いていないレースだが3~4歳馬が強く、馬券の中心となる。前走の着順は気にする必要はなく、馬体重は重たい方が良績。平坦な京都コースだけに切れ味のあるディープインパクト産駒が他を圧倒している。


Posted by KEIBANK_admin