ジャパンC

2020年4月28日

【レース概要】

東京競馬場:芝2400m
3歳以上・オープン・GI(定量)

1981年に創設。日本初の国際GIであり、現役最強馬を決するレース。1着賞金は有馬記念と同様に3億。牝馬、牡馬、3歳、古馬を問わず一線級の馬が集う国内最高峰のレースで競馬ファンなら一度は現地で生観戦したいレースの1つでもある。


■参考:東京競馬場 芝2400mの傾向

【過去のデータ分析】
※過去31年分

1.人気別成績

[分析]
過去31年を見ても2桁人気馬の優勝はなく大波乱は考えにくい。勝率に関しては1~4番人気がほぼ横並びも1番人気の複勝率は約65%とそこそこ信頼できる。連下に関しては伏兵が台頭することもあるので極端な軽視は禁物。

2.馬番別成績

[分析]
馬番(枠)に関しては顕著な有利不利はないものの人気薄が穴をあけるのは内枠から。タフなレースになるので内枠からのロスのない競馬か外枠からスムーズな競馬かといった印象。

3.脚質別成績

[分析]
長い直線の東京コースと言えど強豪が集うメンバーを後方からまとめて差し切るのは至難の業でポジションが後ろの馬は厳しい。ある程度ポジションをキープできる先行・差し馬が好成績を収める。

4.前走着順別成績

[分析]
前走に関しては10着以下に大敗していなければどこからでも巻き返しは可能だが、現役最強馬を決するレースなの前走1着馬が続けて好走している。

5.前走競馬場別成績

[分析]
地方やローカル競馬場から馬券に絡んだ馬は皆無。中央においても東京、京都、阪神の3つで中山組は馬券に絡んでいない。同じ舞台である東京組が中心的な存在だが、関西の京都、阪神組も率は悪くない。

6.馬体重別成績

[分析]
馬体重に関しては460~499kgが中心的な存在。極端に重い馬は厳しく、馬体に関してはある程度軽い方が良さそう。

7.年齢別成績

[分析]
馬券の中心は3~5歳。6歳以上の馬の成績は極端に落ち、軸の選定は極力3~5歳から選びたい。

8.前走レース別成績(TOP10)

[分析]
前走に関しては天皇賞(秋)組が中心となるが、率に関しては京都大賞典組も侮れず出走してきた場合は注意が必要。

9.種牡馬別成績(TOP10)

[分析]
長丁場のレースだがスローの瞬発力勝負になる傾向があり、スタミナ豊富な馬よりも切れ味鋭い産駒の方が活躍している。

10.結論
2桁人気からの勝ち馬なく馬券の中心は4番人気以内から選定したい。枠に関しては顕著な有利不利はないが人気薄に関しては距離ロスの少ない内枠からの台頭が目立ち、人気薄を馬券に絡める場合は1枠から選びたい。前走レースに関しては天皇賞(秋)が中心も京都大賞典組の活躍も目立つ。また、前走着順に関しては言うまでもなく好走している馬がそのまま好走する傾向があるので大敗した馬は割引が必要。年齢に関しては6歳馬以上は一気に成績が落ちるので3~5歳馬から馬券の軸は選定したい。

Posted by KEIBANK_admin