ファンタジーS

2020年4月28日

【レース概要】

京都競馬場:芝1400m
2歳牝馬・オープン・GIII

1996年に創設。阪神JFへの前哨戦として関西の有力馬が集うレース。アルテミスSと同様、2歳女王や牝馬クラシック戦線を占う上では非常に注目のレース。


■参考:京都競馬場 芝1400m外の傾向

【過去のデータ分析】
※過去22年分

1.人気別成績

[分析]
勝率に関しては1番人気、4番人気が互角だが全体的には4番人気が活躍しているレース。2桁人気が馬券に絡んだのは7頭のみで大波乱は少ないものの上位人気も信頼がおけず、中波乱の可能性は多分にある。

2.馬番別成績

[分析]
出走頭数の兼ね合いもあるが圧倒的に内枠が有利。実力のある馬は外枠からでも通用するが、それ以上に内枠の伏兵に気をつけたい。

3.脚質別成績

[分析]
外回りコースということもあり逃げ馬にはやや厳しいものの力が馬なら押し切りも出来る。基本は先行馬が強く、差し・追い込み馬にもチャンスはある舞台。ここは脚質はあまり気にしなくてもいい。

4.前走着順別成績

[分析]
前走に関しては馬券内に入線した馬が基本。ただし、前走掲示板外からも穴をあける馬がいるので前走の内容を確認する必要はある。

5.前走競馬場別成績

[分析]
札幌、京都組が優秀。札幌組は特に優秀な成績を残しており、該当する馬がいれば積極的に狙ってみたい。意外にも東京、中山組の成績は芳しくなく、小倉や函館などローカル組の方が良績が残る。

6.馬体重別成績


[分析]
極端に軽い、重いでなければ問題はない。理想としては440~499kgがいい。

7.年齢別成績
[分析]
2歳戦ですので要素はありません。

8.前走レース別成績(TOP10)

[分析]
新馬戦や未勝利組からでもチャンスはあるが、前走で重賞を経験してきた馬の成績は非常にいいので重賞からの参戦馬については着順が悪くても狙ってみたい。

9.種牡馬別成績(TOP10)

[分析]
クロフネ産駒が非常に優秀。一方でディープインパクト産駒はこの舞台ではやや影を潜めている印象。

10.結論
人気指数を見ても大波乱は少ないものの、中波乱の可能性は非常に高いレース。狙いとしては内枠の先行馬となる。前走に関してはどのクラスからでも一定の成績は残っているが、東京・中山からの参戦は1つ評価が下がる。逆に前走で重賞を経験した馬は積極的に狙っていきたい。


Posted by KEIBANK_admin