30.10.14 第23回秋華賞 過去10年の傾向

2018年10月18日

今年の秋華賞はアーモンドアイの3冠に注目が集まります。やや一本かぶりになっておりますが、過去のデータ(近10年分)を以下に示しますので馬券購入の際の参考にしてください。

1.人気別成績

2.馬番別成績

3.脚質別成績

4.レース間隔別成績

5.前走着順別成績

6.前走着差別成績

7.前走レース別成績

8.種牡馬別成績

 

勝ち馬に関しては9頭が3番人気以内であるものの、勝鞍は3番人気が1番人気を上まっている。馬番に関しては内枠がやや有利ながらも、勝率に関しては外枠も負けていない。脚質は逃げて勝った馬はおらず、先行・差し馬が中心。レース間隔に関しては4~9週が活躍し、それ以外は苦しい数値が残る。前走成績は最低でも掲示板以内、また着差も0.5秒まででないと苦しい。前走レースはトライアルであるロ―ズS組が圧倒的、種牡馬に関してもディープインパクト産駒が圧倒的となっている。