2020年オークス(優駿牝馬) 過去分析データ

人気分析

  • 1番人気が圧倒的な成績を誇り、回収率の面でも優秀。
  • 2番人気も複勝率70%と高く、馬券の構成は1、2番人気を軸に考えたい。
  • 2桁人気については昨年のカレンブーケドールの2着のみで、大穴の激走は稀。

オッズ指数

530
オッズ分析

  • 単勝5倍未満の人気馬は過去16頭中14頭が馬券に絡んでいる。
  • 馬券の中心は基本は単勝1桁台の馬だが、中穴の激走もあるので軽視はできない。
  • 単勝50倍以上の馬の激走は昨年のカレンブーケドールのみで、大穴の激走は極めてまれ。

枠番成績

枠番分析

  • 4枠が完全に死の枠。3、6枠も連対馬すらおらず人気馬でも注意が必要。
  • 基本は内枠が好走しているが外枠も成績は安定。また、中枠では5枠のみ優秀な成績。

種牡馬別成績(指数上位15位)

種牡馬分析

  • ディープインパクト産駒が圧倒的な成績。
  • 父はサンデーサイレンス系、母父は欧州型のノーザンダンサー系が馬券の大半を占めている。

脚質指数・上がり3F指数

脚質分析

  • 3歳牝馬にはとってはタフな条件であり、逃げ馬や先行馬はやや厳しい。
  • 好位を追走できる中団の成績が断トツも、末脚に自信がある馬なら後方からの追い込みも可能。
  • 上がり3Fに関しては上位3位までで連対率75%。末脚鋭い馬から買うのが鉄則。

短評

まとめ

  • 1番人気が圧倒的な成績を誇る。2番人気も複勝率なら安定。
  • 2桁人気の激走は稀で、単勝50倍以上の馬は過去10年で1度しか馬券に絡んでいない。
  • 枠は4枠が死の枠。3、6枠も不振。内枠が有利も外枠、5枠も成績が安定。
  • 父はディープインパクト産駒(サンデーサイレンス系)が好走。母父は欧州型のノーザンダンサー系が好走。
  • 脚質は中団からの差し馬が有利。上り3Fの上位馬がそのまま掲示板を独占するので末脚鋭い馬には注目。
絶好調予想家(直近3か月)

投資競馬 

短評:1日1~2鞍の渾身予想 回収率重視で相当な利益を上げている。  購読はこちら